クライミング

クライマー肘_肘の外側が痛くなる外側上顆炎

外側上顆炎

昨日、クライマーの知り合いと話をしていたら、肘の外側が痛くなって、ここ1ヶ月クライミングを休んで安静にしているとのこと。

症状は、お風呂の桶でお湯をくむ動作やフライパンを持つ動作で痛むとのことです。

典型的な外側上顆炎の症状ですね。

外側上顆炎とは、指や手首を手の甲の方に動かす筋肉(伸展という)が付着している肘の外側の出っ張り(上腕骨外側上顆という場所)が炎症を起こして痛むというものです。

ジャムのふたを開ける動作、フライパンを持つ動作、ドアノブをひねる動作などで痛みます。

クライミングだとピンチホールドなどで傷みます。

外側上顆炎はテニス肘とも言われ、テニスのバックハンドで痛めてしまうことから「バックハンドエルボー」とも言います。

背景に「老化現象」があるので、

老化現象なんて言葉を聞くと

とても悲しくなる障害です。

安静にするのが一番なので、クライミングは

休んでください。

その間に体幹を鍛えましょう。

また、日常生活で痛みを誘発する動作も避けてください。

どうしても腕を使わなければならないときは、

テニスエルボーバンドが有効です。

ただし、このバンドはつける位置が重要です。

痛い場所(外側上顆という出っ張り)につけるのではなく、そのちょっと下に巻きます。

肘よりも下につけることで、筋肉の張力で直接引っ張られるのを防ぎます。支点を作る役割です。

テニスエルボーバンドの説明書をよく読み、つける位置を間違わないようにしてください。

 

ザムスト(ZAMST) ひじ用サポーター エルボーバンド Mサイズ 374702

 


 

 

 




クライマーに多い腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

[概要]

背骨は椎骨という骨が積み木のように積み重なっています。その、積み木と積み木の間には椎間板というクッションが挟まっています。このクッションの中にはクッション剤が入っているのですが、これが外に飛び出したり、飛び出さないまでも内側から盛り上がって、椎間板の外にある足へと伸びる神経を圧迫してしまって、足が痛くなる(坐骨神経痛)ものが「腰椎椎間板ヘルニア」です。

[症状・鑑別]

前屈で足の裏やおしりを伸ばすと足にかけてしびれや痛みが放散する場合、坐骨神経痛の疑いがあります。
「単純に筋肉が固く伸ばせない」というの違います。
通常の腰痛よりも痛みが長く続いてしまうと言うのも見分け方の一つです。

[予後・期間]

ヘルニアは普通の腰痛よりも治るまでに時間がかかります。
期間は数ヶ月から数年、長くてお5年以内には治ります。

しかし、ヘルニアが治っても変形性腰椎症など別の腰の病気に移行することがよくあります。ですから、腰痛は相変わらず治りません。

腰痛持ちはいつまでも腰痛持ちと言うことですね。
ですから腰痛にならない予防と、もしなってしまったらケアが必要です。

[スポーツ復帰の目安]

しばらく激しい動きは中止して、痛みが起きない範囲で体を動かしてください。ウォーキングやサイクリング、水泳など、痛みが出ないか試しながら行ってください。
安静にしすぎると必要な筋力まで低下させてしまいますので、ただ安静にしていればいいと言うことでもありません。
様子を見ながら運動することが、筋力を落とさない秘訣です。

[よくある質問]

「よく坐骨神経痛になった」「坐骨神経痛だと言われた」という話を聞きます。

そこで、「腰椎椎間板ヘルニア」は「坐骨神経痛」という症状を伴います。
「腰椎椎間板ヘルニア」は病名で、「坐骨神経痛」は症状です。
「風邪」が病名で、「せき」が症状です。
「せき」を伴う病気に「結核」や「気管支ぜんそく」があるのと同じように「せき」は風邪以外でも出ます。
それと同じで、「坐骨神経痛」を伴う疾患に、「腰椎分離すべり症」「脊柱管狭窄症」などもありますが、「腰椎椎間板ヘルニア」は若年者に多く、「脊柱管狭窄症」は年配の方に多い疾患ですので、そこが鑑別の目安になります。

 


SLR陽性:SLRとは仰向けに寝て、しびれている側の足を、膝を曲げずに上げていくテストである。

これで、坐骨神経痛の有無をみる。

坐骨神経痛の場合、ももの裏側に症状が出てしまい30度くらいしか上げることができない。

 

 

坐骨神経痛の人はももの裏を伸ばすストレッチはあまり良くない

腰痛にストレッチは有効だが、1つだけやらない方がいいものがある。

それは、坐骨神経痛の人はももの裏側を伸ばしすぎないこと。

やるなら徐々に、無理をせずにやることが肝心だ。無理すると坐骨神経痛を悪化させる。

気をつけてストレッチするように。

 

 

 




けが予防と疲労回復に効果があるアイシング

クライミング後に前腕と手や指をアイシングすることは疲労の早期回復とスポーツ障害を予防します。
クライミングにおけるスポーツ障害は、外側上顆炎や内側上顆炎といった肘の痛みやパキリといった指のけがが代表的。
クライミングによる腱や筋肉のほてり(熱感)を取り除き、炎症を押さえます。
また、前腕の筋肉を冷やすことでアイスバス効果が得られます。

[アイスバス]

運動後のほてった体を水風呂に入ることで、疲労回復と炎症予防になります。
理由は、冷やすことで血管が縮んで、水から上がった後は逆に血管が拡張し、血行がよくなることで老廃物を押し流します。これにより、何もしないときよりも早く疲労物質が取り除かれます。

 

このように、水または水に氷を入れて前腕部を浸す。体ごとは入れる「バス」があれば体半分を浸ける。家なら水風呂に入れますね。

 

 



 

 




おすすめクライミングシューズ

クライミングシューズが無ければクライミングは出来ません。私は山道具に関して、レンタルしたことがありません。スキー道具にしろ、クライミング道具にしろ、長く使うことも考えたら自分の物を買った方がいいです。それに、レンタル用品は、初心者用が多いので、どうせだったら上級者モデルを使いたいですから、レンタルはしません。

山の靴は、使うシチュエーションによっていろいろあります。沢登り、乾いた岩、雪山、山スキー、登山道・・・

全部靴が違います。そういうものです。

(乾いた岩用の)クライミングシューズは、シューズの中でもいろいろな種類があり、使いたいシーンによって分けます。外岩とジム、岩質、クラック、マルチピッチなどです。

花崗岩のように結晶の粒に立ち込まなければならないときは、ソールが固い方がいいという人もいますし、固いソールがあだとなって逆にジムだとはじかれてしまうと感じます。ダウントゥーだとマルチのようにずっと履いている時には足が痛くなって不向きですし、クラックなら足首までカバーできるミディアムカットが欲しくなります。

靴に関しては、「オールマイティーにすべてをカバーできる」と言うことはありませんので、いろいろなシチュエーションで使い分けてください。

また、サイズもメーカーや種類によって違いますので、いろいろ、履き試すしかありません。お金をけちらずに、たくさん買って、自分に合ったものを見つけるしかありません。こればっかりは・・・

オススメシューズ

そこで、2016年おすすめのクライミングシューズをまとめてみました。

初級者向け
はじめて買うならこれ。

1−1 ステップ1

ファイブテン

 

モカシム

¥13,338

 

ローグ

¥15,043

 

ファイブテンオンラインカタログ(外部サイト)

ファイブテンのソール「ステレスC4」がオススメです。

モカシムの履きやすさはとても良い。

 

他には、こんなのもオススメです。

レッドチリ

コロナ

¥17,280

 

スカルパ

  • フォース

フォース

¥15,120

 

  • カタナ

カタナ

¥20,304

ジャッカル

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャッカル

¥16,500

ボリエール

ディアボロ

 

 

 

 

 

 

 

ディアボロ

¥17,060

 

1−2 ステップ2

ファイブテン

 

アナサジLV

¥21,384

 

アナサジベルクロ

¥18,791

 

スカルパ

ブースティック

¥19,440

カタナ

¥20,304

インスティンクト

¥16,200

 

スポルティバ

ミウラ

¥21,384

 

オーツン

オゾンレディ

 

 

 

 

 

 

 

オゾンレディ

¥21,060

 

1−3 ステップ3

ファイブテン

チームVXI

¥21,600

アナサジレースアップ

¥21,384

 

スポルティバ

フューチュラ

¥25,488

      • バイソン

バイソン

¥16,800

 

テナヤ

テナヤ オヤシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オアシ

¥19,980

 

スカルパ

¥20,520

 

オーツン

オーツンオゾン

 

 

 

 

 

 

 

オゾン

¥21,060

 

レッドチリ

レッドチリオクチン

 

 

 

 

 

 

 

 

オクティン

¥15,660

 

1−4 ステップ4

ファイブテン

チーム5.10

¥21,000

ハイアングル

¥18,853

 

スポルティバ

カタナレース

 

 

 

 

 

 

カタナレース

¥20,900

 

ジーニアス

¥21,060

ソリューション

¥23,112

ミウラ

¥21,384

レッドチリ

ストラスト

 

 

 

 

 

 

 

ストラスト

¥14,580

 

まとめ

こうやってみてくると、全部買いたくなりますよね。

クライミングシューズに関しては、たくさん履いて自分に合った物を見つけるしかありませんし、ルートや課題によっても履き分けます。私もたくさんもっています。皆さんも、徐々に買いそろえて、使い分けをしてください。

 

 




インピンジメント症候群(クライミング肩)

野球の投球動作、バレーボールスパイク、ラケット競技のサーブスマッシュなど、オーバーショルダー動作で痛める。クライマーも痛める人が多いので、クライマーが痛めた場合はクライマー肩と言ってもいい。オーバーユース(使い過ぎ)の一つである。

・インピンジメントとは,軟部組織が挟み込まれ,痛みのある炎症状態(腱板炎)になることと定義される。

・上腕骨頭と烏口肩峰勒帯と肩峰とで形成されるドームとの間での軟部組織の挟み込みである。

・回旋筋腱板(棘上筋)や上腕骨頭が,烏口肩峰勒帯や肩峰との間で,肩が外転・前挙・後挙する時に衝突し,摩擦によって生じる症候群である。

・繰り返す小外傷の結果,腱板の炎症,部分断裂,完全断裂へと進行する。

原因

・スポーツ選手は繰り返し動作によって腱板に炎症をきたす。(棘上筋などを腱版という)

・運動により,腱がこすられると,機械的刺激によって炎症が生じ,負荷が繰り返されると,軟部組織の肥厚が生じ,慢性炎症になる。

・上腕を肩よりも高く上げると,棘上筋腱の炎症と同じような痛みが生じる。

・インピンジメント徴候では,上腕を強く外転させたとき,顔をしかめるほど強い痛みが生じる。

・ペインフルアークサイン陽性(外転60~120度)。

症状と診断

・上腕を60度から120度外転すると,痛みは強くなり,特に90度で一番強く出現する。

・上腕骨頭の上面に圧痛があり,上腕二頭筋腱の上にも庄痛がある。

・可動域の障害もでる。

治療と予防

・安静が第1である。

・急性期には3日間,肩の完全休養が必要である。

・安静時の痛みがとれたら,次第に運動療法を施行する。

・最初の運動療法は“振り子のトレーニング”(コットマントアイロン体操)を施行する。

・1~2kgの鉄アレイを使用する.アイロンを使用する場合もある。

・消炎鎮痛剤の服用,湿布・軟膏塗布をする。

・アイスマッサージおよびアイシングを施行する。

・肩周辺の筋力トレーニングを行う。

・ストレッチングを行う。

・スローパーなどで痛む。

バレーボール、テニスなどはフォームのチェック・改造を行う。

バレーのスパイク、テニスのスマッシュやサーブなどは打点を身体より前にする。

・難治性の場合は手術(鏡視下)を行う。

・症状がひどいと,1~2カ月間の長期の休養を要することが多い。

・上記の筋力トレーニングが痛みなく可能になったら,徐々に肩を使うスポーツ動作を始めてみる。

 

 



 

 




クライマー20人に「あなたはパキッたことがありますか」と質問してわかったこと

パキリ

結論

ほぼ全員がパキッたことがあると答え、中にはこんな意見がありました。「パキッたことが無い人は“楽しむレベル”でしかクライミングをやったことがないんじゃないんですか」最高グレードを上げようと必死でやっていれば、誰もが高確率でパキル可能性があることがわかりました。

 

■そのときの対処は

ほぼだいたいのクライマーがテーピングをして、痛いけど登っていた。

■あるクライマーの話

外岩での話。

カチ持ちしてて、パキっていったあと落ちた。

「あっ、ホールドがかけた!!」と思ってホールドをみてもかけていない。

その時、自分の指がパキッたとわかったそうです。

カチ持ちをしていてパキルパターンとポケットやスローパーでパキルパターンとあってカチ持ちでパキッた方が早く回復したそうです。

 

■あるクライマーのアドバイス

テーピングをしながらだましだまし登った方がいいよ。

 

■私の感想

最高グレード更新は出来ないかもしれませんが、楽しみながら、クライミングを続けた方がいいと思いました。

その方が、体幹や持久力などを落とさずに、手の自然治癒力を待って治癒へもっていくことが出来る。

完全に登らなければ、つまり、安静が治癒を早めるわけでもなさそうである。

無理せずに、軽く登っているうちに、だんだん治す。

これがいいように思います。


 

 




クライマーに「気をつけて欲しいケガ10選」

パキリ

クライマーに気をつけて欲しいケガ10選

 

強くなりたければケガをしないことです。ケガをしている間はどうしても休まざるを得ない。無理をしてケガして、休んで間隔を開けてしまうより、カタツムリの歩みでも少しずつ練習を続けた方が上達する。

 

ケガをしないことが強くなるための秘訣である。

そこで、皆さんに気をつけていただきたい、「クライマーに多いケガ」を紹介する。

 

1,パキリ

浅指屈筋腱損傷。第一関節(DIP)伸展位、第二関節(PIP)屈曲位で力を入れていた際に、強い外力により屈筋・屈筋腱が反対方向に伸ばされて受傷。

(指を曲げようとした時に反対方向に強い力で指が伸ばされて腱が指の骨から剥がれたとき)

例えば

ポケットに指を入れた状態で、足が切れた際に、指が無理矢理伸ばされ負傷。

 

2,膝(半月板損傷)

モモの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の間にあるクッションが半月板。ようは膝の隙間に入っているクッションです。ここがすり減ったり、傷ついて裂けたり、それによって出来た破片が関節の間に挟まったり・・・痛め方にもバリエーションがあります。

 

3,膝(前十字靱帯損傷)

膝が前方にずれないように止めているベルト。着地の時などに切ってしまうことがある。ボルダリングのようにふかふかのマットに着地したときに多い。

 

4,膝(内側側副靱帯損傷)

膝が外反(下腿が外側に持って行かれたとき)されたときに痛めることが多い。膝の内側を止めているベルト。着地の時、キョンをしたときなどいろいろなシチュエーションで痛める。

 

5,腰痛

持病としてもっている方も多い。体感がよれたときなど、疲れが出やすい場所。

 

6,手首痛

ボルダーから落ちたときに手をついて痛める。その他、使いすぎによって手首が痛くなったり、軽いものだと、反復して手掌をついていたりしておこるゆがみからも痛む場合がある。

 

7,足関節捻挫

ボルダーから落ちたときや飛び降りた際に捻って捻挫することが多い。

 

8,落石によるもの

落石に当たって負傷。

 

9,滑落によるもの

滑落によって負傷。転落。

 

10、転落によるもの

転落によって負傷。滑落。

手をついた際に手根骨の骨折(最も多いのが舟状骨骨折)を起こすことがあります。打撲なら2週間くらいで治ります。2週間を過ぎても手根骨が痛かったら骨折を疑って、一度レントゲンを撮ってもらった方がいいです。

 

また、前腕部の手首に近い方を骨折することがあります。「コーレス骨折」や「スミス骨折」です。こちらの場合は、手のひらをついたのに、前腕部が痛かったら骨折が疑われるので、すぐに整形を受診してください。骨折の場合は、痛みも強いのでわかると思います。

 

ケガへの対処

 

ケガをしてしまったら、負傷部位の安静を保ちます。
固定して、安静にするのが基本です。痛みを誘発する動作を控えます。痛めた場所以外はトレーニングしましょう。

例えばパキッた場合、体幹や下半身のトレーニングをします。これは、負傷部位の機能や筋力低下を防ぐためです。そのとき参考にしていただきたいのが下にご紹介する本です。ぜひ購入されて、こちらのメニューを実施してみてください。

 


[コアトレ]

シングルアームブリッジ

サイドブリッジ

ヒップリフトアブダクション

クロスエクステンション

プッシュアップ

ウインドミル

コブラ

10秒 10回 1セット

ストレッチ


パキってしまって登れないときは、上に挙げたトレーニングを行ってください。パキってしまう原因に、体感が弱くて指に負担をかけてしまっていることも挙げられます。体感が強ければへその下(丹田)から体を引き上げることが出来ます。それによって指の負担を軽減することが出来ます。指をケガして、体幹や足使いの重要性を痛感しました。皆さんには私のようにならないようにしていただきたいです。

 

補足

ノーマンズランド(no man’s land)

nomansland

図で赤く示された部分は「ノーマンズランド(no man’s land)」と言われる部分で、もともと血行が悪く、傷口などが治りにくいなどの理由で、腱とその周辺が癒着(くっつく)してしまい、指が完全に曲がらないなどの後遺症を残しやすいところです。手の専門外科でなければ手術も難しい場所なので、「ノーマンズランド(no man’s land)」と言われています。

もともと血行が悪いので、パキったら治りづらいんですね・・・

 

パキってしまった方に合わせて知っていただきたい「ジャージ損傷」「ジャージ指」

 

パキッた方は知っておいた方が良い「ジャージ損傷」「ジャージ指」というものがあります。サッカー、レスリング、ラグビーなどで、ジャージや道着をつかんだ際に急激に伸ばされて屈筋腱が断裂・損傷するケガのことです。発生機序は違いますが、「パキリ」と同じケガです。曲げようとしているのに力で無理矢理伸ばされて腱やその周辺を痛めます。断裂した場合は、観血的(手術)療法が必要となります。そしてこの部分は、上に書きましたが、ノーマンズランド(no man’s land)と言って手術も大変な場所ですし、術後の経過も悪いですし、ケガそのものも治りづらいです・・・

 

 




パキリ/パキッた時の治療法

パキリ

普段は肩痛、腰痛、その他スポーツ障害の治療家で、休みの日はクライミングや山登りをやっているエミールです。パキリという言葉を知らない方にご説明します。パキリはクライマーの間でよく使う言葉で、登っている最中、「パキッ」とすごい音と共に指を痛めてしまうものです。医学的には腱とそれに続く筋肉の損傷です。腱だけが痛むものもあれば、前腕部の筋肉まで到達してしまうものまで、程度はいろいろです。腱とは、筋肉が骨につくときに腱に変わります。指にはたくさんの腱が存在しています。曲げる方が屈筋腱、伸ばす方が伸筋腱です。

私は、10月8日に人生初の「パキリ」をやってしまいました。その後、12月に入った今日まで、未だに痛くてクライミングが出来ないでいます。治療家の私自身が指を負傷してしまいましたので、同じ痛みを皆さんに味わって欲しくないので、このブログを始めました。どなたかのお役に立てればと思います。

1 パキリ(浅指屈筋腱損傷)

1−1 発生機序

第一関節(DIP)伸展位、第二関節(PIP)屈曲位で力を入れていた際に、強い外力により屈筋・屈筋腱が反対方向に伸ばされて受傷。

(指を曲げようとした時に反対方向に強い力で指が伸ばされて腱が指の骨から剥がれたとき)

例えば

ポケットに指を入れた状態で、足が切れた際に、指が無理矢理伸ばされ負傷。

1−2 症状

腫脹、熱感、運動時痛(特にDIP伸展位でのPIP屈曲)、圧痛

1−3 診断

母指のIP関節、示指~小指のDIP関節やPIP関節が曲がらなくなったときに、指の屈筋腱損傷を疑います。

示指~小指ではDIP関節を曲げる深指屈筋腱とPIP関節を曲げる浅指屈筋腱の2本がありますが、指を曲げたときに、指先のDIP関節だけが曲がらない時は深指屈筋腱だけが、手前のPIP関節も曲がらないときは、浅指屈筋腱も切れています。

1−4 予後

軽いものでも2ヶ月かかる、重度なら年単位。

とにかく安静、アイシング

予防にも役立つアイシング法(サイト内)

2ヶ月が過ぎてからマッサージ、お灸、超音波療法などの物理療法も有効だが基本はとにかく安静にすること。

超音波治療に関しては私の書いた他の記事もお読みください。

超音波治療

 

超音波治療器

 

1−5 準備運動

クライミング前の指の運動を動画にしてみました。

やり始めは前腕の屈筋群まで痛みが来ますが、やっているうちに、徐々に屈筋群の痛みが無くなってきますので、効果が出てきたと言うことです。痛めにくくなります。

 

一本一本指をストレッチして、その他の指は屈曲させます。

 

屈筋腱を親指で圧迫したまま指の曲げ伸ばしをします。

 

2 屈筋腱とは

示指から小指の指屈筋腱にはDIP関節(第1指節間関節)を屈曲させる深指屈筋腱とPIP関節(第2指節間関節)を屈曲させる浅指屈筋腱の2本の屈筋腱があります。

私の書いた始めてパキッた話を合わせてお読みください

 

3 ノーマンズランド(no man’s land)

nomansland

図で赤く示された部分は「ノーマンズランド(no man’s land)」と言われる部分で、もともと血行が悪く、傷口などが治りにくいなどの理由で、腱とその周辺が癒着(くっつく)してしまい、指が完全に曲がらないなどの後遺症を残しやすいところです。手の専門外科でなければ手術も難しい場所なので、「ノーマンズランド(no man’s land)」と言われています。

もともと血行が悪いので、パキったら治りづらいんですね・・・

4 知っておいた方がいい「ジャージ損傷」「ジャージ指」

パキッた方は知っておいた方が良い「ジャージ損傷」「ジャージ指」というものがあります。サッカー、レスリング、ラグビーなどで、ジャージや道着をつかんだ際に急激に伸ばされて屈筋腱が断裂・損傷するケガのことです。発生機序は違いますが、「パキリ」と同じケガです。曲げようとしているのに力で無理矢理伸ばされて腱やその周辺を痛めます。断裂した場合は、観血的(手術)療法が必要となります。そしてこの部分は、上に書きましたが、ノーマンズランド(no man’s land)と言って手術も大変な場所ですし、術後の経過も悪いですし、ケガそのものも治りづらいです・・・


 






「パキッ」と音と共に指を痛めるパキリについて

パキリ

1−1 パキリについて

パキリという言葉を知らない方にご説明します。パキリはクライマーの間でよく使う言葉で、登っている最中、「パキッ」とすごい音と共に指を痛めてしまうものです。医学的には腱とそれに続く筋肉の損傷です。腱だけが痛むものもあれば、前腕部の筋肉まで到達してしまうものまで、程度はいろいろです。腱とは、筋肉が骨につくときに腱に変わります。指にはたくさんの腱が存在しています。曲げる方が屈筋腱、伸ばす方が伸筋腱です。

発生機序は、指をポケットに入れた状態で足が切れた際に指に急激に体重がかかりパキルパターンと、カチ持ちでパキルパターンとある。カチ持ちの方が早く治るケースが多い。ポケットで痛めた方が時間を要す。

1−2 症状

自発痛、腫脹、運動時痛などの炎症症状が主。指のみが痛い場合や痛みが前腕屈筋群まで及ぶものまである。

自発痛とは、じっとしているときの痛み。夜寝ている間は副交感神経が優位になるために末梢の血流が良くなり、局部が腫れ、痛みが出てくる。夜寝ているときに痛むのはこのため。夜間痛という。腫れも増す。

もちろんクライミングは出来なくなる。

1−3 治療と予防

安静が一番である。しばらくクライミングは休むこと。その間に体幹トレーニングなど、指を使わない運動を行う。

その他、有効な治療

1−3−1 超音波療法(サイト内)

1−3−2 低周波療法

1−3−3 お灸

血行をよくし痛みを抑え免疫を高める「お灸」
免疫を高める「侵害刺激」について

「はり」も「きゅう」も “侵害刺激” というものです。
「侵害=体を傷つける」ことによって、それを体の免疫機能に治させる。それで治癒力が上がります。
人間の体は外から敵が侵入してくると異物を排除しようと白血球がそれと戦います。「はり」はステンレスで出来た針金です。「はり」が体の中に入ってくると白血球がそこに集まって来ます。つまり血行が良くなるわけです。例えば、凝った肩に「鍼」をうつとそこに血液が集まって来るので肩こりが解消されるという仕組みです。
では「きゅう」はどうかというと、モグサを燃やして軽くやけどを起こさせます。タンパク質は熱で変性しますね。例えば、フライパンで肉を炒めると色が変わりますね。あれが熱刺激によるタンパク変性です。「きゅう」を皮膚の上で燃やしたときも同じことが起こります。タンパク質が変性を起こすと自分の皮膚じゃ無くなります。日焼けと同じです。日焼けをすると皮膚がむけますね。あれは、自分の皮膚じゃ無くなったから体から排除されたのです。きゅうも同じです。軽いやけどにより自分の皮膚じゃ無くなったところに白血球が集まってきます。白血球が活発になると言うことは、免疫が上がっています。それが「きゅう」が体に聞くメカニズムです。おわかりになりましたか?

炎症を鎮めてくれる

「きゅう」をして白血球が集まってくればそこにある炎症も一緒に治してくれます。これが「きゅう」が体に効くメカニズムです。

1−3−4 マッサージ

1−3−5 アイシング

痛めてしまったら、保冷剤を2個用意して指を挟むようにしてテーピングか何かで固定して保冷剤が落ちない工夫をします。あまり冷やしすぎてもよくありませんので、一回の冷却は10分とします。

痛める前なら、クライミング後に前腕から指までを冷やします。これはアイスバスと言って疲労回復にも効果があります。

1−3−6 固定

登るときは指が伸びないように固定します。

img_1102

img_1101

 

1−4 登れない間のトレーニング

  • 体幹トレーニング
  • ストレッチ

 

1−5 準備運動

クライミング前の指の運動を動画にしてみました。

やり始めは前腕の屈筋群まで痛みが来ますが、やっているうちに、徐々に屈筋群の痛みが無くなってきますので、効果が出てきたと言うことです。痛めにくくなります。

 

一本一本指をストレッチして、その他の指は屈曲させます。

 

屈筋腱を親指で圧迫したまま指の曲げ伸ばしをします。

 

 


 

2 パキリ体験談

私は、10月8日に人生初の「パキリ」をやってしまいました。その後、12月に入った今日まで、未だに痛くてクライミングが出来ないでいます。治療家の私自身が指を負傷してしまいましたので、同じ痛みを皆さんに味わって欲しくないので、このブログを始めました。どなたかのお役に立てればと思います。

 

2−1 始めてパキッた話

平成28年10月8日(土)

始めてパッキッた。話には聞いていたが、自分が体験してびっくりした。何よりびっくりしたのが、大きな音。「パキッ」と大きな音がしました。話に聞い
ていたが、本当だ。その直後から痛みで指を曲げて力を入れることが出来なくなった。曲げることは出来たので、腱の完全断裂はないと判断した。また、指の変形(スワンネック変形、ボタン穴変形など)がなかったので、これも腱断裂はないと考える判断材料になった。

初検:(翌日の症状)腫れ、DIP(第一関節)とPIP(第二関節)の間の腫脹と圧痛著明

曲げ伸ばし可能、屈曲で力を入れると圧痛の部位が痛む。

その他、ある程度の日常生活では支障なし。


このケガをきっかけに、くわしく指の解剖を勉強した。屈筋腱は、ところどころ腱鞘というトンネル状したところを何カ所もくぐる。それから、特徴的なのは、深指屈筋腱が浅指屈筋腱のボタン穴のようなところを通って指先に付着する。これも、ちょっと変わった構造だ。今回痛めたところは、腱か腱鞘かこのボタン穴のいずれかではないかと推察している。根拠は痛みのある場所を考えてのことだ。


続きを読む