クライマーに多い腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

[概要]

背骨は椎骨という骨が積み木のように積み重なっています。その、積み木と積み木の間には椎間板というクッションが挟まっています。このクッションの中にはクッション剤が入っているのですが、これが外に飛び出したり、飛び出さないまでも内側から盛り上がって、椎間板の外にある足へと伸びる神経を圧迫してしまって、足が痛くなる(坐骨神経痛)ものが「腰椎椎間板ヘルニア」です。

[症状・鑑別]

前屈で足の裏やおしりを伸ばすと足にかけてしびれや痛みが放散する場合、坐骨神経痛の疑いがあります。
「単純に筋肉が固く伸ばせない」というの違います。
通常の腰痛よりも痛みが長く続いてしまうと言うのも見分け方の一つです。

[予後・期間]

ヘルニアは普通の腰痛よりも治るまでに時間がかかります。
期間は数ヶ月から数年、長くてお5年以内には治ります。

しかし、ヘルニアが治っても変形性腰椎症など別の腰の病気に移行することがよくあります。ですから、腰痛は相変わらず治りません。

腰痛持ちはいつまでも腰痛持ちと言うことですね。
ですから腰痛にならない予防と、もしなってしまったらケアが必要です。

[スポーツ復帰の目安]

しばらく激しい動きは中止して、痛みが起きない範囲で体を動かしてください。ウォーキングやサイクリング、水泳など、痛みが出ないか試しながら行ってください。
安静にしすぎると必要な筋力まで低下させてしまいますので、ただ安静にしていればいいと言うことでもありません。
様子を見ながら運動することが、筋力を落とさない秘訣です。

[よくある質問]

「よく坐骨神経痛になった」「坐骨神経痛だと言われた」という話を聞きます。

そこで、「腰椎椎間板ヘルニア」は「坐骨神経痛」という症状を伴います。
「腰椎椎間板ヘルニア」は病名で、「坐骨神経痛」は症状です。
「風邪」が病名で、「せき」が症状です。
「せき」を伴う病気に「結核」や「気管支ぜんそく」があるのと同じように「せき」は風邪以外でも出ます。
それと同じで、「坐骨神経痛」を伴う疾患に、「腰椎分離すべり症」「脊柱管狭窄症」などもありますが、「腰椎椎間板ヘルニア」は若年者に多く、「脊柱管狭窄症」は年配の方に多い疾患ですので、そこが鑑別の目安になります。

 


SLR陽性:SLRとは仰向けに寝て、しびれている側の足を、膝を曲げずに上げていくテストである。

これで、坐骨神経痛の有無をみる。

坐骨神経痛の場合、ももの裏側に症状が出てしまい30度くらいしか上げることができない。

 

 

坐骨神経痛の人はももの裏を伸ばすストレッチはあまり良くない

腰痛にストレッチは有効だが、1つだけやらない方がいいものがある。

それは、坐骨神経痛の人はももの裏側を伸ばしすぎないこと。

やるなら徐々に、無理をせずにやることが肝心だ。無理すると坐骨神経痛を悪化させる。

気をつけてストレッチするように。

 

 

 




Follow me!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA