肘痛

筋、腱の損傷

肘の内側側副靱帯損傷

人体は骨と骨をつなぎとめているベルトです。

肘の内側にあるのが内側側副靱帯で、前斜走繊維、後斜走繊維、横走繊維と三角形をつくる。

内側側副靱帯損傷は、1回の外力で起こるものと繰り返しにより発生するものとある。

発生機序:

投球、バレーボールのスパイクなどで痛めることが多い。

クライミングのスローパーを繰り返し取りに行ったとき痛めることがある。

症状:

局所の圧痛、疼痛、腫脹。痛みにより肘関節を完全伸展・屈曲することができない。

野球、バレーボール、クライミングで発症した場合、中高生では徐々に痛みが出てくる。長期間競技をやっている人は急に激痛と共に発症することがある。

治療法:

アイシング。安静。重傷なものは固定する。

スポーツ復帰の目安

疼痛が消失してから

復帰時もテーピングをすること

野球肘

分類:

・内側型

・外側型

・後方型

・内側型

内側型が大部分でコッキング期から加速器にかけて肘にかかる強い外販力に対して前腕回内屈筋群が強く収縮し、また足幅靱帯により強い引っ張りのストレスが肘内側部にかかり発生する。

・外側型

外側型は少ないが、加速器からフォロースルー期にかけて肘に強い外販力がかかり、結果、上腕骨消灯と橈骨頭間に過度の圧迫力がかかり発生する。

・後方型

フォロースルー期のボールリリース後は、中間説は過伸展となり、肘頭と上腕骨肘頭カ間にインピンジメント(衝突)が発生する。

症状:

・内側型

内側上果部の疼痛、腫脹、圧痛、軽度の肘伸展障害、投球動作時に疼痛あり、内側上顆炎、内側上果裂離骨折、前腕回内屈筋群・内側側副靱帯損傷やその引っ張りによる裂離骨折などが考えられる(成長期の場合は、骨端核の肥大、分節化、骨端線離開)。

将来的に肘関節の不安定症や遅発性尺骨神経麻痺(肘部管症候群を含む)の発生もある。

内側上顆炎の場合、日常生活においてものを持ち上げたり力を入れる動作で疼痛の増強を訴える。

・外側型

強い圧迫力が加えられた結果、上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎を発症する。

初期では投球時に外側部の疼痛はないが、関節有利体(関節ネズミ)を生じ、

関節内にロックすると突然発症する。

将来的に変形性関節症に至ることもある。

・後方型

肘頭と上腕骨肘頭窩間でのインピンジメント(衝突)の結果、成長期では、肘頭部骨端軟骨の成長障害、

成人では肘頭の疲労骨折や上腕三頭筋の炎症などが発生する。

治療法:

発育期におけるものは競技を中止する。

対策:

オーバーユース(使いすぎ)に気をつける

テニス肘

クライミング肘

外側上顆炎のこと

退行性変性(老化現象)が背景にあり、

繰り返し、テニスのバックハンドやクライミングのピンチやスローパー課題に挑戦していると発症する。

症状:風呂桶でお湯をくむ、フライパンを持つ、ドアノブを回す、瓶のふたを開けるなどの動作で痛む。

もちろん、ピンチやスローパーは痛い。

肘の外側が痛む。

治療法:使わずに安静にするのが一番

どうしても登りたくなったらテーピングを肘から5センチ手首よりに一周まくとよい。

ここに支点ができるので、直接外側上果に付着している筋肉の引っ張りを受けなくなる。

ピンチ、スローパー以外のホールドで痛みがないか試してみる。